2013/06/04

Speed Hike Consideration(考察)





2~3年程前から始めたナイトハイク。

仕事や子守りを終わらせた後の夜の少ない自由時間を見つけ急いでパッキング、夜出発しても朝9時頃までに帰るという家庭に負荷をなるべくかけないスタイルがマイルール。

しかし睡眠時間を減らしていたり休息する時間を削る為、行く前からテンションが上がらない事もしばしば。

軽い荷物で涼しい夜道を気持ちよく走る事が出来ないかなと以前より手探りしていました。

最近は歩くだけでは物足りなくなってきたって事もある。

スピードハイクとは本来、軽いバックパックで出来るだけ遠くへっていうのがコンセプトなんでしょうけど違う動機やアプローチが入口でもいいじゃないのって事で色々考えてみた。