2012/12/23

LifeProof fre iPhone 5 Caseを購入してみた







LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04464
LifeProof fre iPhone 5 Case
 
iPhone5用のケースを購入してみました。
 
汎用ではなくiPhone5専用の防水ケースを探していましたが見つけたのはこれだけ。
2012/12/23現在

アメリカ製ですが国内で予約してから2ヶ月程待ちました。




LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04466
 
日本語の取説付き。

ホコリが入ると嫌なので写真は撮りませんでしたが装着は簡単。




LifeProof fre iPhone 5 Case SC04465

裏面
 
歪みのない写真撮影のため、カメラ部分には光学ガラスレンズを使用との事。





LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04473
側面
 
操作性は思ったより悪くないです。





LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04474

LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04475
ヘッドホン端子の所はスクリューの蓋が付き、充電もケースを付けたまま可能。




LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04476
 





LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04480
画面の歪みは問題なさそう。






LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04481
スピーカーポートはより改善され音響が明快とありますが若干音量、音質は落ちます。
 
まぁ完全防水なので仕方ないですね。
 
充電用の蓋を開けると少しだけ音のヌケが良くなります。。。
 
 





LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04470

よくあるケースを比べると流石にサイズが大きいです。

デザインはシンプルで悪くないんじゃないかと。








LifeProof fre iPhone 5 Case DSC04460
少々高価なケースですが防水、防雪、防塵、耐衝撃性を備えたiPhone 5専用の唯一のケースなのでアウトドアマンとしてアリじゃないかと。

最大水深2mまで完全浸水可能とあるので雨の中、水中からの撮影も楽しんでみたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

caseplayは【Lifeproof】の正規代理店です。【LIFEPROOF】fre iPhone5ケース iPhoneケース iP...

 











約1年使ってみて・・・

開閉部の耐久性は問題無さそうだけど開閉部に付いてる黄色いパッキンが外れて紛失しました。

アフターで1500円程で購入。

防水は文句無し。


 


2012/12/15

Rocket Boil Beer Can (MYOG)


DSC04454
久々のMYOG。
 
350mlのBEER缶をjetboilの様にフラックスリング的なチューンを施してみました。
 
きっかけはこの時の強風と気温でなかなか沸騰しないアルコールストーブに少しガッカリしたから。
 



DSC04420
缶の上部をカットした物を底に取り付け。
 
熱効率を上げる目的と風防の役目も合わせもっています。
 
サイドにMSRのヒートエクスチェンジャーの様な物を取り付けする事も試しましたが缶自体が柔らかい為、密着できず。
 
 
 








DSC04451
缶の底部にはブラインドナットを取り付け。
 
表面積を増やす寸法です。
 
熱伝導率の高いアルミ製。
 
 
ロケットみたいと言われた事からRocket Boilと命名(笑)
 
 

DSC04453
缶にタップを切りビスを通しブラインドナットのネジ穴にオートウエルド(接着剤)をかまします。
 
ネジロック兼水漏れ防止の為。
 
調理の後の掃除が大変だろって指摘されそうですが350mlという容量から湯沸ししかしないという考え。
 
 
 
 
 
DSC04425
風防も合わせて作成。
 
moonlightgearで購入したTrail Designs Sidewinder Ti-Triの一部をカットし加工してみました。



DSC04427
今回のストーブはサンポさんから戴いたギアループストーブ。
 
加工したカルデラの高さが若干低い為、合わせてストーブも全高が高いととクッカーとのクリアランスが保てません。
 
うってつけの低重心。




DSC04430
早速、200ccの水を湯沸し開始。
 
カブさんイムコありがとー!
 
 


DSC04432
さて・・・



DSC04435
どうやら炎が外に広がるタイプのストーブの様でクッカーの底面からはみ出していましたが2分30秒程で泡が出てきて・・・



DSC04436
3分20秒程で完全沸騰。




DSC04437
クッカーと炎の広がり具合の相性の割にはまずまずのタイムじゃないかと。
 
ストーブ的には底が広いクッカーならもっと沸騰時間は短かったんじゃないかと思います。
 
 
カルデラ+フラックスリングのお陰で風にも強そうでした。
 
 
 
 









DSC04444
そしてケースの作成。
 
500mlのケースの蓋の中心部を切り抜きました。





DSC04445
コイツを合体してみる。
 
シンデレラフィット。




DSC04446
クッカーの中にスプーン、ペグ、ライター、アルコールボトルなど。


DSC04448
ストーブとカーボンフェルトを載せてクッカーの周りにカルデラを入れます。


DSC04449
中のガタツキも無く期待通り。
 
缶のクッカーは強度が低いのでケースは必須。
 
ついでに2つの食器としても使います。





























DSC04443
以上、クッカーの関するMYOGでした。








 
 
 
 
 
 

DSC04459
追記
 
アストロファイルを取り付け。
 
アストロフォイルにも中のプチプチがシングルとダブル(二重になってる)があるのですね。
 
知りませんでした。


2012/11/14

Lake Trek Kayak Camps DAY2

DSC03745
宴会も終わり熊や猪が来ない様にゴミを仕舞った後、シュラフに転がりこむと目の前はうっすら見える湖面が広がっていました。


やっぱりbivyやタープのものぐさスタイルはより自然と一体になれるし最高。

湖と星空をたっぷりと眺めた後、就寝。





2012/11/06

Lake motosu dub allstars!

DSC03576
久々にガラでもなく企画してみました。

タイトルはカッコつけましたが早い話が忘年会。

某SNS内&リアルで付き合いがある方々をお誘いしてみんなでキャンプをしたかったのです。

自分の中ではallstars!



2012/10/16

Mt.Kaikomagatake Hike DAY1




南アルプスの名峰、甲斐駒ケ岳に行ってきました。




テン場に設営し早速登ります。




2012/10/12

KetaRiver Raft and Camp DAY2

 
 
 
 
 
 
 
 
DAY2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜中は大雨が降り続き増水したらヤバいな~と心配で皆のカヤックも高い場所に移動したり、増水したら流木が倒れて合図するように細工したり。
 
jimさんのタープが倒壊したり結構な雨風でしたが誰も何事も無くて良かった。
 
ていうかオレ以外の人は大雨にも関わらず爆睡してるのが羨ましかった(笑)
 
 
 

2012/09/21

Yatsugatake Hike 2 Amidadake~Nakadake~Akadake



次は中岳・・・




Jounendake Hike June DAY2

DAY2





 
3時半に起床し小高い場所に登るとこんな風景が・・・






Jounendake Hike June

週末は北アルプスへ・・・





 
長野のエロい人達と常念岳に行ってきました。

顔隠しがオレだけアウェイ感www




Kayak Camp DAY2

夜・・・






明日は何処かに上陸して日の出を見ながら朝メシを食べたいと思っていたので早めの就寝。





・・・・・

夜中にヘネシーハンモックの下でガサガサと音がします。

夜露に濡れない様、下に置いたザックを物色する鹿の背中がハンモックと接触していたようです・・・

最近、キャンプ場に行かないせいか色んな動物に会います。






Kayak Camp DAY1

週末は湖へ・・・






Feathercraft K-Light 

自分のホームとしている湖へ行ってきました。





Kisokomagatake Hike and Camp

3連休は木曽駒ヶ岳へ・・・










周りの方々はUPし終わっているので自分は画像中心のマッタリ風味で。

いつもか・・・^^;





 
土曜の夜にテン泊パッキングを済ませ長野へGO!

今回はベース3.4kg、食料込みでtotal7kg弱。






2012/09/20

Daytrip River and Lake

 
 
週末は湖へ・・・
 
 
 
 
 
 

前日より到着していたのですが雨が降っていた為、ヒヨって車中泊からの~4時起き。

友人と軽いダウンリバーと湖へ。






 

Lake Motosu Day Camp




本栖湖に行ってきました。







最近色んな用事があり短時間しか出れない事が多いのですが、この日も朝から夕方までのリミット付きでお出かけ。

カヤックにチビ2人を載せ、友人達がいるキャンプ場に到着。

風が強い時にインフレータブルのグラブナーはなかなか手強いです・・・





Mountain Hardwear Hoopla 4




泊まるつもりじゃなかったですが山用に購入したコイツを試し張り。

中は予想以上に広々。



購入した理由は

4~5人で座って煮炊きできそう。

3シーズンの子供とのテン泊。
3人で使って895gは魅力的(フットプリント別)

室内高が最大127cmなのでトレッキングポールのリンクが必要ない。

天井のフープなポールのお陰でフロア面積の割に広々使える。
狭いテン場でも張りやすいし有効に使えるんじゃないかと。

ガイラインが多いので風にも意外と強そう。




大型ベンチ装備で結露も少ないかも。




逆に気になった事。

フープポールをsetするのがテンションがきつくなかなか大変。

五角形は一発でペグの位置出しが難しい。
オリガミやキバなんかも一緒ですな・・・

まぁその辺りは馴れですかね。



収容人数:4人
入口の数:1
シーズン:3シーズン 
重量:895g (max) 769g(min)
フロア面積:5.9㎡
室内高:127cm(max)
収納サイズ:51 x 10cm

素 材:
ポール/DAC Featherlight NSL poles
本体/15D Poly Knit Mesh
フライ/20D Nylon Ripstop 1500mm PU/SIL







ココ超安いwww





チビ達はPFDを付けて泳いでる。

自分はマッタリタイム。








仲間達も到着。



MARさん
沈くん親子
Naoくんファミリー
アッキー
shigeさんakkoさんファミリー








MARさんの新艇Feathercraft Kahuna。

うん、超カッコイイ。

次は自分もこの辺りかな~





押すなよ?

絶対に押すなよ?



アッキー婚約おめでとう!!





帰りはMARさんが対岸まで見送ってくれました。

短い滞在時間でしたが楽しかったなー

入れ違いだった人、今回は残念でした。

またやりましょう!






END